FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN1639.jpg

聖書カウンセリング研究会に入会し、年に一回発行される雑誌が届きました
その中で初めて聞く言葉「場面緘黙(かんもく)」がありました
それが自分の小学生時代にぴったり当てはまるのでした

~家庭では話すことができるのに、幼稚園や学校では話せなくなる子どもたちがいる。すなわち、発話能力があるにもかかわらず、特定の場面や事態で発話が抑制される。このような状態は、「場面緘黙」あるいは「選択性緘黙」と呼ばれる。~

診断基準の規定がありました
、家庭など他の場面では話せるのに、学校など話すことが期待される特定の場面で、一貫して話すことが出来ない。
、その症状が少なくとも1か月以上続いている(入園・入学直後の1か月は除く)
、話すことが出来ないのは話す能力がないためではなく、またはなしたくないという理由からでもない。
、その症状は、吃音などのコミュニケーション障害によるものではなく、また広汎性発達障害、自閉性障害、統合失調症、精神遅滞などによるもでもない。
、その症状によって、教育、職業、コミュニケーションに支障をきたしている。

私の場合、小学校一年生の夏休みが明けた二学期から話せなくなったのをはっきり憶えています
休みの間はクラスの子とは誰とも遊ばず会うことも無かったためか、なんだか恥ずかしくてそのまま話さなくなったのです
今まで自分は変わった人間で他にはこんな人はいないと思って過ごしてきたのだけど、症状名があるのは驚きでした
そして改善したようであるけれど、対人場面で不安や、緊張などを感じることも多いのは完全には改善されてはいないのかもしれません
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。